読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいもブログ

平凡だけれど楽しい毎日

ふきんとボディタオルをかえてみました

f:id:kitispace:20160124195724j:image
 
最近シンプルライフとか、ちゃんと暮らすとか、断捨離とかの本に夢中になっていてよく見かけるので使ってみたかったびわこふきんと和太布を買ってみました。びわこふきんは琵琶湖を守るためにつけられたからそういう名前なんだそう(朝光テープ有限会社HPより)。
この素材感がたまらなくかわいいです。
びわこふきんとは・・・・・・・
 びわこふきんはガラ紡と呼ばれる日本独自の紡績方法で織られた木綿の布です。ところがこれが大変なすぐれ者で、『びわこ』とお湯さえあれば、洗剤なしで食器洗いができるんです。洗剤を使わないから、手荒れに悩まされることもなく、又、生活排水で、川や池を汚すことも少なくなります。こういった理由で、消費者団体を中心に、主婦層に指示されています。
 20年前に、洗剤に含まれるリンによって滋賀県琵琶湖の汚染が引き起こされ、地域住民が、リンを含む洗剤を追放する運動を起こしました。時同じくして、開発されたふきんでなので、合成洗剤使用をなくしたいという願いを込めて、『びわこ』という名をつけました。
 びわこふきんが、なぜ、洗剤なしで、汚れが落ちるのか?それは、デコボコしたガラ紡糸自体に、油や汚れを取り込み、布として抜群の吸収性と吸油性を誇っているからです。こういった特長から、浴用として石鹸なしで摩擦洗いすることで、肌荒れやアトピーに効果があることがわかってきました。
 合成洗剤を使わないことから、人にも、環境にもやさしい、そんな暮らしを、『びわこ』としませんか。朝光テープ有限会社HPより
f:id:kitispace:20160124195709j:image
まだ食器洗いに使う要領はよくわからないのでとりあえず台拭きです。わたしは台所の片付けのとき、キッチンのカウンターを拭いて、テーブルをふいて、ガスコンロ天板を拭いて、コンロ周りの壁を拭いてという感じで拭くので念入りコンロ掃除とかはしたことがないのですが、その上これを食器洗いに使えるならすごいと思う!
 f:id:kitispace:20160124195744j:image
ちょい汚れてしまった写真ですいません。これがリアル使用後。でもこの素材感がかわいい。
 
和太布のほうも買いました。こちらはお風呂のボディタオルとしてです。石けんいらずだそうです。これも半信半疑ぴもと使ってみたのですが、いいです。なんだかつるつるになった気分です。ぴもいわくちゃんとよごれもとれているらしいです。汚い話だけれど、使い終わって洗面器で洗ってるときにアカ感(?)があるそうです。
 
しかし使って数日で、わたしはもともとアトピーだったほど肌が弱く、最近荒れ気味だったので今お医者さんからボディタオル禁止令が出ています。(もう風邪やらなにやらボロボロです。お肌が荒れてきてたのは数ヶ月前からだったのでこれのせいでは決してないのですよ。)本当はあのこするタオルはいらないんだよ、と先生に諭されて、手洗いがんばっています。二の腕とかの毛穴ぶつぶつもガシガシこすり過ぎが原因なことが多いらしいですよ。肌が落ち着いてきたら、たまに優しく和太布を使おうと思います。あの、固くてがしがしは使うのやめようもうやめよう。しかし、顔の毛穴の汚れとかに良いと思いました。しばらく使ってみます。
 

ここ、どっちも試せて送料無料ですね。わたしは湘南T-SITEの2階の菜の花ビレッジで買ったのですが、この菜の花ヴィレッジ、心揺さぶるものがたくさんあります。ちょうどイイホシユミコさんの器がたくさん並んでいて、心揺さぶられまくりでした。

 

by カエレバ

 

ちなみに、

by カエレバ

今までは安定の蚊帳ふきん。パリッと乾く具合が最高です。

しかし、風邪ばっかりひいていてびっくりするな。仕事は根性で乗り切って休んでないけど、はやく健康になりたい。